新着情報

6月・7月の活動報告

2017年8月10日

【学習講師活動】6月8日(木)足利市立第一中学校(全校生徒192人+教員22人+保護者)

中学校の体育館で「子どもの権利条約」と「ユニセフ活動」「SDGs」について体験も交えてお話しました。

【ユニセフパネル展】6月23日(金)~6月30日(金)

 埼玉大学構内にて「見えない驚異と闘う、最初の1000日」(アグネス大使 グアテマラ訪問)のパネルを展示しました。

【学習講師活動】7月3日()清瀬市立清瀬中学校(1年生120人+教員5人)

「総合的な学習の時間」(国際理解)の中で、ユニセフの支援活動と世界の状況をお伝えしました。

【さいたま市職場体験事業】7月5日(水)~7日(金)さいたま市立南浦和中学校(中学生4人)

3日間、ユニセフについて学習し、外国コインと使用済み切手の整理、募金活動をおこないました。

【川口市夏休みボランティア体験事業】722日(土)(小学生18人)

ユニセフの活動を学習した後にJR川口駅前にて募金活動を行いました。

【埼玉県教職員消費者教育セミナー】 725() 46人参加(高校教諭中心)

タイトル「SDGsの視点を取り入れた最新の授業作りヒント」SDGsとユニセフ活動について説明し、授業の中で子どもたちにどうやって身近なこととして感じてもらうか、について報告しました。

【教員のための国際理解教員セミナー】 728日(金) 

JICA東京と埼玉県国際交流協会と共催で開催しました。

【夏休みユニセフ子どもセミナー】

見学体験編731()「ユニセフハウス見学」

学習体験編81()「ユニセフってなぁに?」

参加人数は少なかったけれど、楽しく学習する事ができました。

 

 

Contents

関連リンク