当協会について

協会のご紹介

■ユニセフとは

ユニセフ(UNICEF:国際連合児童基金)は、世界の子どもたちの命と健康を守るために活動する国連機関です。
第二次世界大戦によって厳しい生活を強いられた子どもたちへの緊急支援をおこなうため、1946年に創設されました。
現在は、子どもの権利を擁護する主要な機関として、戦争で被災した子どもに限らず、子どもたちの健やかな成長のため、150以上の国と地域で教育、保健、水と衛生、栄養、保護等の支援活動を通じて、子どもたちの命と健やかな成長を支えています。

■公益財団法人日本ユニセフ協会とは

日本ユニセフ協会(ユニセフ日本委員会)は、1955年に設立されました。
世界36の先進国・地域にあるユニセフ国内委員会のひとつです。
ユニセフとの「協力協定」のもと、日本国内において民間で唯一ユニセフを代表し、募金活動、広報活動、「子どもの権利」の実現を目的としたアドボカシー(政策提言)活動をおこなっています。

■埼玉県ユニセフ協会とは

埼玉県ユニセフ協会は、公益財団法人日本ユニセフ協会(旧財団法人日本ユニセフ協会)の地域組織として、2000年4月に設立した財団法人日本ユニセフ協会埼玉県支部を前身とする任意団体です。

2011年4月、財団法人日本ユニセフ協会は、内閣府の認定を受け、公益財団法人日本ユニセフ協会と改称しました。移行に伴い、財団法人日本ユニセフ協会埼玉県支部は、公益財団法人日本ユニセフ協会の「協定地域組織」として「埼玉県ユニセフ協会」に組織名称を変更しました。

世界の子どもたちの生存、発達、保護、参加のための広報、募金、学習支援などのユニセフ支援活動を、埼玉県内において促進する目的としています。また、埼玉県内唯一のユニセフ募金窓口として認められた組織です。

これまでのあゆみ
1984年
さいたまコープの第2回通常総代会で、協力協同の精神でユニセフ活動に取り組むことを決め、「わが子への愛を世界の子どもたちに」を合言葉にユニセフ募金キャンペーンを開始。
1995年1月
財団法人日本ユニセフ協会より、さいたまコープがユニセフ募金事務局を委嘱され開設。
2000年4月
財団法人日本ユニセフ協会埼玉県支部として全国で7番目に設立。
2011年4月
埼玉県ユニセフ協会に組織名称を変更。ユニセフ・日本ユニセフ協会との協力関係および活動内容は全く変更はございません。

■公益財団法人日本ユニセフ協会「協定地域組織」とは

公益財団法人日本ユニセフ協会と「協力協定」を締結し、ユニセフの趣旨に基づき、ユニセフへの協力活動を推進するために組織された組織体です。当該県、地域を代表するユニセフ活動の拠点として、また、地域の社会・文化に根づいたユニセフの広報・募金活動、その他、本目的を実現するために必要な活動を実施しています。

■埼玉県ユニセフ協会 役員の紹介

役員リスト

■問い合わせ先

名称 埼玉県ユニセフ協会
住所 〒336-0018 さいたま市南区南本町2-10-10 コーププラザ浦和内
TEL 048(823)3932
FAX 048(823)3978
受付時間
午前10時30分~午後4時30分

■アクセスマップ

アクセスマップ

Contents

関連リンク