新着情報

『ユニセフのつどい』 地球のステージ

2021年7月19日

埼玉県ユニセフ協会20周年記念事業「 ユニセフのつどい 」

埼玉県ユニセフ協会は、財団法人日本ユニセフ協会埼玉県支部として、2000年4月に全国7番目の支部として設立されました。
2011年4月に、日本ユニセフ協会が公益財団法人となったことに伴い現在の公益財団法人日本ユニセフ協会 協定地域組織 埼玉県ユニセフ協会となり、2020年4月に20周年を迎えました。
コロナ禍で1年遅れましたが、“これからも世界の子どもたちのために活動を続けていこう!”の思いを繋いで、「埼玉県ユニセフ協会設立20周年記念 ユニセフのつどい」を開催します。
20周年の機会に 世界の現状や平和の尊さを学び、私たち一人ひとりが、未来を考え、”これからの地球のために何ができるか”をメッセージに寄せてください。
メッセージ画像を大募集します。

地球のステージ

【オンライン公演】10月17日(日)14時~15時30分

案内役 : 桑山紀彦さん(NPO法人 地球のステージ代表)

14:10 「地球のステージ」世界の出来事をオリジナルの音楽と映像、語りで織りなすステージ

15:10 「埼玉県ユニセフ協会のあゆみ」「地球への約束」ビデオメッセージ上映

要申し込み 先着150人

➡お申し込みはこちらから

地球のステージ案内役:桑山 紀彦 氏

神奈川県海老名市の心療内科医である桑山氏は、これまで60を超える国、地域を歩き、国際医療支援活動を展開してきました。

現在はNPO法人地球のステージの代表理事として、災害時の緊急医療支援や、紛争地で心に傷を負った人々への心のケア(心理社会的ケア)を中心として活動しています。

東日本大震災後は宮城県名取市を拠点に心のケアを行い、現在も被災した人の心に寄り添いながら診療を行っています。

みなさまから寄せられた「地球への約束」メッセージを“ビューティフルネーム”に合わせて映します。

メッセージ画像大募集!

個人・家族・友人・クラス・同僚など、ご応募お待ちしています。

➡募集の詳細はこちら

Contents

関連リンク